2014年11月20日

iPhone / iPad向けOfficeの基本機能が無料に

iPhone、iPad、Android向けの各「Microsoft Office」アプリにおいて、無料でファイルの編集機能を利用できるようになったと、マイクロソフトは発表しました。


今までは、ファイルの編集には「Office 365(マイクロソフトが提供するクラウド・サービス型のOffice)」の申し込み(有料)が必要でした。


iPhone用のOFFICEは、Word、Excel、PowerPointと3つのアプリに差し替えられ、どのアプリもApp Storeから無料でダウンロードできるようになりました。またiPad向け Microsoft Officeアプリ群「Office for iPad」でも同様の機能が使えるようになっています。


ただし高度な機能の利用には「Office 365」への申し込みが必要で、それぞれのアプリ内で「プレミアム」へのアップグレードが可能になっています。



posted by IPボーイ藤丸 at 23:17 | Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

iOS 8.1.1へのアップデートで空き容量が500MB増加!?

最新OSとなる「iOS 8.1.1」がこのほどリリースされましたが、今回のアップデートで行われたのは、バグ修正とiPhone 4sおよびiPad 2のパフォーマンスの向上だけではないようです。

アップルの情報サイト「iMore」は、各デバイスのストレージの空き容量が500 MB増加すると伝えています。空き容量が増加するのは全iPadとされています。

500 MBでは少ないと思うかもしれませんが、特に16 GBのiPadにとってはありがたく、かなりの数の曲やアプリ、画像を追加することができますね。

空き容量の少ないユーザーにとっては、うれしいアップデートになったことでしょう。

空き容量が既に少なくて、Wi-Fiで「ソフトウェアアップデート」からiOS 8.1.1をインストールできない場合には、MacやWindowsのパソコンでiTunesからインストールしたらできるようです。

iPadユーザーなら、今すぐアップデートしたほうがいいですね。

タグ:iPAD

posted by IPボーイ藤丸 at 13:39 | Comment(0) | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

アップル、SIMフリー版iPhone 6を大幅値上げ

円安の影響か?

アップルオンラインストアのSIMフリー版iPhone 6とiPhone 6 Plusの販売価格が値上がりしました。

上げ幅は各モデルとも10%程度。

【iPhone 6】
16GB:67,800円 → 75,800円(+8,000円)
64GB:79,800円 → 87,800円(+8,000円)
128GB:89,800円 → 99,800円(+10,000円)

【iPhone 6 Plus】
16GB:79,800円 → 87,800円(+8,000円)
64GB:89,800円 → 99,800円(+10,000円)
128GB:99,800円 → 111,800円(+12,000円)

posted by IPボーイ藤丸 at 00:00 | Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

iOSに重大な脆弱性 「マスク・アタック」とは

セキュリティ会社のFireEyeによると、iOSに存在するあるバグのため、多くのiPhoneやiPadは、個人情報の入手やデバイスのコントロールを企むハッカーからサイバー攻撃を受けやすい状態に陥っているらしい。

このバグは、ハッカーが、偽装したメッセージやメール、リンクを介してユーザーに悪意のあるアプリを無理やりインストールさせ、デバイスにアクセスできるようにするもののようだ。

マスクアタック技術は、アップルが大企業向けに、App Storeを介さずにカスタムビルドのソフトウエアを実装できるようにするために開発したもので、そのシステムを悪用し、iOSへ侵入を成功させているとのことのようだ。

悪意のあるアプリはApp Storeで提供されているアプリとは異なり、アップルの審査を受けていない。しかしインストールをするかしないか尋ねるポップアップ通知は表示されるため、それを見たら「インストールしない」と答えてさえいれば、大丈夫のようだ。

今後の対策が待たれるところだ。

posted by IPボーイ藤丸 at 19:20 | Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

iPhone 意外と知らないリーディングリストの使い方

リーディングリストは、後で見たいウェブページをリーディングリストに登録することで、
iCloudを通じてすべてのデバイスに同期され、
しかも、ネット環境が無いオフラインでも記事の続きを閲覧できる機能です。
飛行機での長旅など、ネット環境がない場面の暇つぶしに大変役に立ちます。

リーディングリストを他のデバイスと同期する場合は、【設定】>【iCloud】画面で、Safariをオンにします。
他のデバイスでも同様の設定を行います。

Safariを起動して、リーディングリストに登録したいページを開き、画面下の共有ボタンをタップします。

共有メニューが表示されるので、【リーディングリストに追加】をタップします。
以上の作業で、リーディングリストに追加されました。

追加したリーディングリストを見るには、ブックマーク内にあるので、ブックマークボタンをタップします。

ブックマークが表示されます。画面上のリーディングリストボタンをタップして画面を切り替えると、先ほど追加したウェブページの概要が表示されます。

リーディングリストに追加したウェブページは、iCloudを通じてすべてのデバイスに同期され、オフラインでも閲覧が可能となります。

リーディングリストを削除するときは、
削除したい項目を左にスワイプすると、削除ボタンが表示されます。

登録しとけばオフラインでも見られるのがいいですね。

posted by IPボーイ藤丸 at 20:28 | Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

iPhoneの名前を変更する

iPhoneの名前は、初期設定のときに自動的に付けられます。

「○○○のiPhone」といった感じで自分の名前が入ったりします。

この名前は、テザリングしたときのネットワーク名やiPhoneをiTunesに接続したときのデバイス名として使用されます。

この名前を変えたいという人もいると思いますので、その方法をお知らせします。

iPhoneのホーム画面から【設定】をタップして起動します。

設定の画面が表示されたら、一番上の【一般】をタップします。

一般の画面一番上にある【情報】をタップします。

【名前】の欄に現在の名称が表示されています。ここをタップして変更していきましょう。

フォームに記載されている名前を変更します。変更が終わったら、【完了】をタップしてください。

「情報」の名前を確認すると、先ほど変更したものに変わっていることがわかります。

これで、名前の変更が完了です。

posted by IPボーイ藤丸 at 20:22 | Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

クレジットカードなしでApple IDを作る

iPhoneを持っていて、Apple IDなしではなにもできませんね。
App Storeは使えないし、iCloudも使えない。
Apple IDの作成は事実上必須です。
で、Apple IDの登録をしようとすると、クレジットカードの入力が避けられません。
クレジットカードを持ってない人は困りますね。

でも、クレジットカードなしでもApple IDを作る方法があるのです。
その方法をお知らせします。

iPhoneホーム画面の【App Store】をタップします。

「App Store」から、何でもいいので、無料のアプリをタップします。

【無料】をタップすると【インストール】に反転するので、これをタップします。

《サインイン》画面が表示されるので、【Apple IDを新規作成】をタップします。

ここから、新規アカウントを作成するために、情報を入力していきます。国または地域を選択し、【次へ】をタップ。次の画面で使用条件に【同意する】をタップします。

Apple ID、パスワードなどすべてを記入して、【次へ】をタップします。

ここで、クレジットカードを入力する画面になります。画面を少し上にスワイプすると、【なし】の項目が追加されています。通常のApple IDの新規作成画面に、この選択肢はありません。ということで、【なし】にチェックを入れて、請求先住所と電話番号を入力します(これは必須です)。

個人情報の入力はこれで完了です。【終了】をタップして、Apple IDとして登録したメールアドレスを開きましょう。

「Apple ID ご連絡先メールアドレスをご確認ください」というメールがアップルから来ています。メール内の【今すぐ確認】をクリックします。

メールアドレスを確認する画面が表示されるので、Apple IDのメールアドレスとパスワードを入力して、【メールアドレスの確認】をクリックします。

これで無事、クレジットカードを登録することなく、Apple IDが作成されました。


posted by IPボーイ藤丸 at 18:11 | Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

iPhoneの小技 意外と知らないメッセージアプリの設定方法(その3)

メッセージの履歴を一定の期間後に消去したり、消去しないように設定することができます。【メッセージを残す】をタップして、保存期間を選択します。

【30日間】または【1年間】を選んだ場合、その期間より前のメッセージは削除されます。【削除】を選ぶとメッセージが削除され、設定が保存されます。

iOS 8からオーディオメッセージとビデオメッセージを送信できるようになりました。
デフォルト設定では、送受信したオーディオ/ビデオメッセージは再生後2分で削除されてしまいます。

どちらも残しておきたいときは《オーディオメッセージ》または《ビデオメッセージ》の【有効期限】を開き、【なし】を選びましょう。

「耳にあてて聴く」をオンにすると、iPhoneを耳にあてるだけでオーディオメッセージを再生したり、録音できるようになります。

posted by IPボーイ藤丸 at 18:24 | Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

iPhoneの小技 意外と知らないメッセージアプリの設定方法(その2)

iMessageでは、あなたがメッセージを開封したことを相手に通知できます。
あなたがメッセージを開封すると、相手の画面のメッセージ下に「開封済み」と表示されます。

この機能を利用するには、メッセージの「開封証明を送信」をオンにします。

iMessage が利用できない場合に、SMSでメッセージを送信できます。送信を許可するには「SMSで送信」をオンにします。

iMessageやMMSでは件名を送ることができます。件名を送るには、「件名欄を表示」をオンにします。
「文字数」をオンにすると、SMS作成時に、記入中の文字数を確認できます。

メッセージを受信したくない連絡先は着信拒否設定に登録しましょう。登録すると、自分から相手にメッセージを送ることはできますが、相手からのメッセージは受信しなくなります。

【着信拒否設定】をタップして【新規追加...】を選びます。
拒否したい連絡先をタップすると設定が完了します。



posted by IPボーイ藤丸 at 20:35 | Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。