2013年04月01日

パソコン処理速度低下の原因を探るCPU使用率

昨日の記事で、「タスクマネージャー」のことを書いたけど、

「タスクマネージャー」はメモリ使用量だけでなく、

CPU使用率も調べられるね。

CPUの使用率とは、ある時間にCPUが使用された割合のことで、

この数値が上がれば、CPUの稼働率が上昇していることになるよ。

CPU使用率が100%とか、それに近い数値で継続されているならば要注意だね。

CPUの使用率はウイルスなどマルウエアの感染によっても上昇することがあるので、

CPU使用率が高い時は、念のためウイルス対策ソフトで検査した方がいいね。

ちなみに、マルウェアというのは、コンピュータウイルス、ワーム、スパイウェアなどの「悪意のこもった」 ソフトウェアのことだよ。「mal-」という接頭語には「悪の」という意味があり、これと ソフトウェアを組み合わせた言葉なんだね。








posted by IPボーイ藤丸 at 20:00 | Comment(0) | パソコンの速度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

パソコンの処理速度が遅くなる原因にメモリー使用量が影響


長年、パソコンを使っていると、何か速度が遅くなったって、

感じることがあるよね。

パソコンの性能によるものはどうしようもないけれど、

処理速度が遅くなる原因や仕組みを理解していれば、

正しい対策を行うこともでき、快適に使うことができるよ。


例えば、メモリーの空き容量の問題。

このメモリーの空き容量は、Windowsの速度に大きく影響するよ。

同時にファイルをたくさん開けば、当然メモリーをたくさん使って

処理速度が遅くなることがあるね。

では、メモリーの空き容量をどうやって調べるか。

Windowsには、標準で「タスクマネージャー」がついてるね。

タスクバーで右クリックするとか、

「Ctrl」+「Alt」+「Delete」を押すとかで起動するよ。

「パフォーマンス」タブを開いて、PF使用量を確認してみて。

タスクマネ^ジャー

この数値が、物理メモリーの2倍以内なら、適正だと言われているよ。

このPF使用量を減らすには、立ち上げているアプリケーションを減らすとか、

お金はかかるけどメモリを増設するとかの対策が必要になるね。

イーモバイルLTEが月額2,999円で使い放題!≪当サイト限定プラン≫月額支払い業界最安値。







posted by IPボーイ藤丸 at 19:00 | Comment(0) | パソコンの速度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。