2014年04月27日

人口知能が東大模試を受けたら、数学偏差値60をたたき出した

コンピューターが東京大学入試の模試に挑戦した。

すると、数学で合格者平均を超える偏差値60を記録したというから驚きだ。

この賢いコンピュータは国立情報学研究所や富士通研究所が共同で開発する人工知能「東ロボくん」というらしい。

プロジェクトのリーダー、新井紀子教授は

「初挑戦で、なかなか良い結果を出せました」と振り返る。

しかし、「これは東大合格のみを狙った研究ではありません」とも。

「入試というのは総合的な知力が問われます。問題を読んで理解し、論理に置き換える。そして推論しなければなりません」。

と語っている。

ロボットが東大に入学する時代がくるのだろうか...





posted by IPボーイ藤丸 at 23:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。